海外赴任 英語で子供の教育

海外赴任者が英語が苦手なため現地スタッフと意思の疎通が取れなくて困っていました。それを見て海外赴任者は英語の準備が絶対必要だと強く感じています。

 

 

短期間で英語を話せるようにするためには、きちんと研究された英語の教材を使うことが一番です。そんなおすすめの英語教材はこちら → 7+English

 

海外赴任で英語の子どもの教育環境がいいのかどうか

 

海外赴任といっても誰もが希望の国に行けるわけではありませんが、たいてい日本人に馴染みの国に行くことが多いです。その中で、家族と一緒がいいのか意見が分かれるところで、最も大きな分岐点は治安と生活環境になります。

 

特に小さな子どもがいる場合だと医療施設の充実が挙げられることで、海外赴任に人気が高いのがシンガポールやタイというのが頷けます。アジア諸国の中には、優秀な卒業生を輩出する日本人学校もあり、東京大学や京都大学に現役合格といったむしろ日本の高校に在学するより大学受験で成功する例も多いです。

 

事前に現地の日本語学校のここ5年程度の大学合格実績の概要の情報を、入手されることをおすすめします。同様に評価が高いのが、日本人も気軽に入学できるインターナショナルスクールの存在です。英語での学習になり、更に学費もさることながら学校の授業内容のレベルが高い寄宿制のボーディングスクールにも注目が集まっています。

 

インターナショナルスクール以外ではシンガポールやマレーシアで近年日本人家庭に注目が集まりつつあるのが、中華学校です。マレーシアでは中華学校といいますが、シンガポールでは華語学校と呼ばれています。英語プラス中国語が身に付きますが、近隣国や教育熱心な韓国の家庭の子ども達も一緒に現地で勉強しています。学費は高い順番に並べると、ボーディングスクール、インターナショナルスクール、中華学校です。まあ、大学受験の合格実績が高い日本人学校が近くにあれば、敢えて別の方法を探す必要もないかもしれません。

 

海外赴任の家庭では、国によってはメイドさんが付く場合もありお母さんも時間に余裕ができます。子どもにとっては、日本では塾に行く時間に英語の勉強や家庭教師を雇うケースも多く見かけられます。日本人が多く暮らす都市では、日本同様に世界にチェーン店を展開している学習塾もありますので、教育環境は時間を有効に使える分だけかなり良いといえるでしょう。

 

中には子どもは質の高い学習塾で、お母さんは趣味の習い事へ通うといった話も稀ではなく、家族で海外や英語に不安と思っていた頃を懐かしむといったケースも珍しくありません。そのように思えるためにも、日本にいる間にお父さんだけでなく家族で少しでも英語に触れておくことが大切ですよ。

 

できれば、台湾にタイやインドネシア、ベトナムなどの非英語圏で物価の安い国だと、英会話学校や英語の塾に行かせることをおすすめします。英会話学校や塾に通う華人や華僑と呼ばれる家庭の子ども達は学業に対しての意識が高いので、英語だけでなく国際感覚も身に付きますので、一石二鳥です。

 

海外赴任に行く前に子供も短期集中で英語を勉強しておくことをおすすめします。
そんな短期集中で有名な子供の英語教材はセブンプラス・バイリンガル

 

この教材は短期間で英語を話し始めるように作られた、35日間完結プログラムなんです。
海外赴任まで時間のないお子さんにぜひおすすめです!

 

 

 

 

===海外赴任が決まったらすぐに始めてほしい英語の準備===

 

【短期集中、子供の英語教材】

 

 

 

【オンライン英会話無料レッスンはこちら】

 

 

 

 

英語が苦手な人の海外赴任はこんな英語の準備がおすすめです

 


トップページ 英語教材 海外赴任で英語に困った 海外赴任の豆知識 英語の基礎