海外赴任で現地採用や独立について

現地採用もいれば海外赴任者の独立もあり

海外赴任者が英語が苦手なため現地スタッフと意思の疎通が取れなくて困っていました。それを見て海外赴任者は英語の準備が絶対必要だと強く感じています。

 

 

短期間で英語を話せるようにするためには、きちんと研究された英語の教材を使うことが一番です。そんなおすすめの英語教材はこちら → 7+English

 

海外赴任者と現地採用

 

海外赴任者に加え海外で働く日本人の中には現地採用の人が多く、かつてはアメリカが圧倒的に人気でしたが、その後は香港やシンガポールから現在は東南アジア一帯にいます。
待遇面では海外駐在員と現地採用では、福利厚生や給料にかなりの差があります。 

 

そんな中、現地採用の特色として挙げられるのが、現地の言語や生活に精通している人が多いと言うことです。現地の言語に加えて英語がある程度できる人もいるので、会社にとっては戦力になりますが、採用側にとっても日系企業であれば大まかな目安があります。

 

日系企業であればお客様も日本人になるので、社会人経験がありきちんとしたマナーを身に付けていることが条件になります。日本本社と違って現地の日本人の支社長がトップダウンで決めるので、合否の判定が早いこともあり短期間のうちに仕事が見つけやすいのも魅力です。

 

特色としては欧米の方は実力が給料に反映され、アジア諸国では日系でも華僑系の会社にしても毎年据え置きか少しのアップです。職種にもよりますが、現地で十分生活できまる給料のところがほとんどです。

 

香港社会ではジョブホップという言葉があるように、一般的に華僑系の会社は給料があまり上がらないので自分に付加価値をつけて2,3年後には転職をする人も多いです。現地採用も同じ傾向があり、実績を積めば日本に帰って海外赴任がある本社採用を狙うこともできます。

 

海外に工場やオフィスを構える日本の企業といえば、全国に点在しているわけではないので予め注意が必要です。東京や大阪などの都市部や東海道、瀬戸内といった工業地帯に本社を構える場合が多く、日本では採用まで時間が掛かるので海外にいる間に就職準備をしておいた方が良いでしょう。

 

特に面接では交通費や宿泊費も掛かりますので、めぼしいところは事前にチェックをしてアポイントを取れる準備をしておく方が望ましいです。また、商社やメーカーの中には現地採用の求人案件や要項に実力次第では、日本本社採用ありというところもあるので、見逃せません。

 

日本に逆輸入で活躍する人もいるなか、海外赴任者の中には現地で結婚を機に法人を立ち上げる人も毎年いろんなところでいます。海外赴任者の中で英語力が堪能であれば、地元の華僑や印僑の実業家に認められることもあります。日本の技術と日本人の誠実さは周知の通りで、本人が国際感覚に長けているとその都市を代表するような人たちとの関係が構築できることは、それほど珍しいことではありません。

 

どんな形で働くにしろ海外では英語力が大きく影響してきます。
技術や実力は十分備わっていても、それを伝える手段である英語ができないと宝の持ち腐れになってしまいます。

 

 

海外に出ようと思っている人は日本で英語に触れる機会を増やす努力が必要です。 

 

 

 

 

===海外赴任が決まったらすぐに始めてほしい英語の準備===

 

【オンライン英会話無料レッスンはこちら】

 

 

 

 

英語 海外赴任 苦手


トップページ 英語教材 海外赴任で英語に困った 海外赴任の豆知識 英語の基礎