海外赴任 妻の英語

海外赴任の妻は英語を習得する絶好のチャンス

海外赴任者やその家族が英語が苦手なため現地スタッフと意思の疎通が取れなかったり生活に困っていました。それを見て海外赴任者やその家族は英語の準備が絶対必要だと強く感じています。

 

 

短期間で英語を話せるようにするためには、きちんと研究された英語の教材を使うことが一番です。そんなおすすめの英語教材はこちら → 7+English

 

海外赴任者とその妻

 

日系企業の進出数がそれほど多くないのに、日本人が多く暮らす国といえば紛れもなくカナダとオーストラリアです。カナダはアメリカを抜き日本人の留学先国別ランキング第1位、ワーキングホリデーではオーストラリアが昔から人気が高いです。

 

日本人が多く暮らす都市では生活環境も良いので、海外赴任としていくのであれば妻や子供と家族全員でいっても問題ないでしょう。

 

特に子どもの英語教育の環境が良く、カナダもオーストラリアも移民文化の受け容れに関して寛容で、アジアの人たちにも理解を示してくれているのでうれしいです。

 

海外赴任者や現地採用でカナダやオーストラリアで働く際には、現地に合った高いレベルの英語力を求められます。オーストラリアのアジアの移民に対してかれこれ数年前になりますが、知的な女性のリーダーで知られるジュリア・ギラード前首相の施策を示した白書は、読解力をつけるのにもってこいです。

 

『Australia in the Asian Century White Paper』で検索するとPDFをダウンロードできるので、機会があれば読んで見て下さい。『Australia in the Asian Century White Paper』を直訳すると「アジアの世紀におけるオーストラリア」というタイトルになります。

 

今後のオーストラリアの国としの在り方の中でアジアを重視した政策で、移住を考えている人にとっていい選択と思えるような内容です。

 

カナダやオーストラリアで留学やワーホリへ行く前に英語のレベルがゼロではじめる人も中にはいますが、なるべく現地で必要最低限の生活ができる程度になっておくことをおすすめします。

 

海外赴任であれば仕事に支障がきたないよう日本で英語の準備をするのは大切ですが、一緒に行く妻や子供も生活するためや学校に通うためには英語が必須です。

 

語学は1日短い時間でもいいので、積み重ねによって上達するものなので、海外赴任が決まったら家族で聞き流しなど日本にいる間から英語の準備をしておく必要があります

 

英語のスカイプやグループレッスンで惨敗だったという人が中にはいますが、話せないというよりもリスニング自体に問題がある場合がほとんどです。少しでも音が拾えれば、その分だけ会話が長続きすることになります。

 

ゼロからはじめる、または自信がない人は簡単なフレーズの日常生活で使う短期専門の英語の教材を購入して音を拾うためにも毎日先ずは20分でもいいので、英語の音に慣れて下さい。

慣れてくると次第に口ずさんでいるとそれからは、次第に生活で使う英語が出て来るようになります。

 

英語ができるということは、海外でいろんなチャンスに巡り合うことができます。日系企業が多く進出する東南アジアの非英語圏では、妻も一定のレベルであれば現地で仕事を探すことができる場合もあります。

 

アパートを探すのもそれほど難しくはなく、賃貸契約はペーパー1枚でかなり日本よりは簡素なので気楽に暮らすことができます。

 

 

また海外赴任の妻は時間がたくさんあります。英語さえできれば現地でサークル活動に参加したり、子供のママ友とお出かけしたり現地の生活を楽しむことが可能です。

 

家族みんなが英語をレベルアップすることで、海外赴任後は妻も日本で英語や現地で習得した外国語を使ってみる仕事に就くことができる可能性が広がります

 

海外赴任やその妻であれば、現地のネットワークを構築できるだけでなく、いろんな情報も入手することができ心身共に豊かな生活をすることができます。英語をはじめることによっていろんな未来へと繋がっていきます。

 

 

 

 

 

===海外赴任が決まったらすぐに始めてほしい英語の準備===

 

【オンライン英会話無料レッスンはこちら】

 

 

 

英語 海外赴任 苦手


トップページ 英語教材 海外赴任で英語に困った 海外赴任の豆知識 英語の基礎