海外赴任で韓国に行く

海外赴任が韓国になった場合は

海外赴任者やその家族が英語が苦手なため現地スタッフと意思の疎通が取れなかったり生活に困っていました。それを見て海外赴任者やその家族は英語の準備が絶対必要だと強く感じています。

 

 

短期間で英語を話せるようにするためには、きちんと研究された英語の教材を使うことが一番です。そんなおすすめの英語教材はこちら → 7+English

 

 

 

韓国へ海外赴任に行く人へ

 

隣国の韓国とは歴史認識の相違がありますが、ある意味リベラルな例えでいえばつかず離れずの距離感があってむしろいいのかもしれません。

 

実際にJETROの統計によると日系企業の利益率が世界で最も高いのが韓国で、そのことについて知っている日本人が少ないといわれています。

 

儒教社会なのでポジションが上になればなるほど、または年長者は敬われます。若い世代は過去の歴史よりも未来志向の人が多いので、より良い関係を構築できるでしょう。

 

日本人との大きな違いはビジネスに対しても英語にしても積極性は、凄いです。

 

間違いを確認しながらも知っている英語を使っている韓国人が多いので、外国語はいかに気にせずに使って覚えるのが大切なのかが解ります。

 

年齢や役職によって職場での接し方が違ってきて、日本人に対してのライバル心は強いので若い年齢で韓国へ行く場合は一定の英語力を身に付けて置く方が望ましいです。

 

 

韓国の英語事情

 

ソウルには現地で働く欧米人の英語の教師に米軍関係者、外国人旅行者がお酒を飲んでお喋りを楽しむインターナショナル・バーがあるので、20代や30代の人にはおすすめです。

 

韓国では有名大学同様にTOEICのハイスコアを取得していると就職に便利です。英語力が高いということは国際人としての証なので、TOEICを受験する人は600点〜700点を目指すと仕事でも主導権を握られることはありません。

 

ただ、スコア以上にビジネスミーテイングでも積極的に発言するので、日本にいる間に韓国への赴任の可能性がある場合には、どんどんスカイプのオンライン英会話レッスンなどを利用してみてください。

 

家族で韓国へ海外駐在する際には、ソウルに日本人学校があるので安心です。ソウルには日本人駐在員とその家族を合わせると約1万近く暮らしていて、日本人街もあります。

 

日本人街には和食のレストランをはじめ日本人向けの商店がありますが、韓国は英語とIT教育が盛んなので、塾探しも楽しみです。

 

華僑と呼ばれる中国系の人たち同様に韓国の人たちも個人単位で、世界各地で商売をやっています。子どもに対しての教育では特に英語に力を入れている家庭が多いので、情報交換ができるような現地の友人ができるといいでしょう。

 

英語や中国語を学習している海外にいる韓国の留学生は、マナーが良くて家庭的にも恵まれている場合がほとんどです。

 

日本以上に格差社会が激しく、経済的なものが文化的なものに結び付いているといわれています。

 

また、留学を目指し国内にいる韓国の国際文化や英語に興味を持っている家庭やその子どもたちは、同じ目線で会話ができます。

 

 

 

 

===海外赴任が決まったらすぐに始めてほしい英語の準備===

 

【オンライン英会話無料レッスンはこちら】

 

 

 

英語が苦手な人の海外赴任はこんな英語の準備がおすすめです


トップページ 英語教材 海外赴任で英語に困った 海外赴任の豆知識 英語の基礎