海外赴任で中国

海外赴任で中国へ

海外赴任者やその家族が英語が苦手なため現地スタッフと意思の疎通が取れなかったり生活に困っていました。それを見て海外赴任者やその家族は英語の準備が絶対必要だと強く感じています。

 

 

短期間で英語を話せるようにするためには、きちんと研究された英語の教材を使うことが一番です。そんなおすすめの英語教材はこちら → 7+English

 

 

 

兎に角奥が深い中国での生活での英語は

 

中国への海外赴任は1980年代から21世紀初頭に多く見られ、中でも深? (シンセン)や?莞(ドングワン)に代表される広東省は、一時期は世界の工場と呼ばれていたほどです。

 

多くの海外駐在員に加え日本でリストラに合った技術者、現地採用の日本人が中国の沿海部の各地で文化の違いに奮闘しながら働いていました。

 

韓国の儒教社会とは違って年齢や高い役職を考慮するよりも会社の利益に直結する、日本でリストラに合ったものの経験豊かな工場長や技術者に重きをおくこともあるのが、中国の特徴です。

 

工場長や中国の企業が必要とする高いレベルの技術者には、日本語や英語といったその人と会社の方針に合った通訳と運転手付きの使用者が提供される場合も多いです。

 

一般的に工場勤務の際には中国語がメインになりますが、現地採用の日本人が語学の面で駐在員をサポートします。

 

そんな中国も人件費の高騰によりチャイナプラスワンを考慮した結果、多くの日系企業はベトナムやインドネシアなどにシフトしました。

 

現在の日系企業は20世紀初めを少し過ぎた頃から繋がりが深い上海や大連に、金融業や多方面のサービス業の進出が衰えを見せることはありません。

 

以前の中国語中心から現在の中国の日系企業は英語を使うケースも多いので、日本にいる間に語学力をブラッシュアップすることをおすすめします。

 

中国は実力社会なので、語学を含め仕事ができるかできないかによって主導権を握られやすい状況を作ってしまいます。

 

言い換えると英語力があって実績を挙げていると、一目置かれることも多いのでビジネス面の環境は日本よりも解りやすいです。

 

日本の報道では一部偏っている部分もあるものの当たっているのが中国の人たちは愛国心が強いということで、外国に目を向けている人も少なくありません。

 

面白いことに英語と遜色のない人気の外国語がフランス語ですが、カナダの英語に加えて公用語に含まれていることが要因です。

 

中国の人たちも日本人同様に、カナダのグリーンカードに興味を持っています。

 

国際感覚がある中国人は話題も豊富で、歴史認識を持ちこむこともほぼないので、フランクに付き合えます。外国生活は若い人たちにとっても憧れであり、大学の朝のキャンパスでは元気よく英語の音読をする学生を多く見かけます。

 

彼らは英語やフランス語、日本語など現在習得中の外国語の学習時間は1日数時間というのは珍しくなく、休みの日には10時間勉強する学生もいます。

 

中国生活は確かに大変ですがエネルギーをもらうことも多く、親しくなるとビジネスだけでなく留学でも夜食事やお酒で遅くなると自宅まで送ってくれる習慣もあります。

 

商習慣の違いで一緒にビジネスをはじめるのにはあまりおすすめできませんが、共に将来において建設的な話題を中心に会話をするのには、とてもいいでしょう。

 

中国の人たちと付き合うことで、ビジネスや語学学習でヒントを得ることもあります。

 

 

 

 

 

===海外赴任が決まったらすぐに始めてほしい英語の準備===

 

【オンライン英会話無料レッスンはこちら】

 

 

 

英語が苦手な人の海外赴任はこんな英語の準備がおすすめです


トップページ 英語教材 海外赴任で英語に困った 海外赴任の豆知識 英語の基礎