海外赴任で台湾

海外赴任で台湾へ

海外赴任者やその家族が英語が苦手なため現地スタッフと意思の疎通が取れなかったり生活に困っていました。それを見て海外赴任者やその家族は英語の準備が絶対必要だと強く感じています。

 

 

短期間で英語を話せるようにするためには、きちんと研究された英語の教材を使うことが一番です。そんなおすすめの英語教材はこちら → 7+English

 

 

 

台湾の海外赴任は日本人にとって居心地が良い

 

世界のいろんな国や地域を見渡して日本人にとってもっとも居心地のよい海外赴任先に挙げられるのが、台湾とタイです。

 

台湾には台北・台中・高雄の3都市に日本人学校もあり、医療面や生活環境も問題なく治安も日本と変わらないほどです。

 

家族で一緒に暮らせる外国ですが、上記の3都市以外の勤務地の可能性もあるので、その際には地元の学校の受け入れ体制を確認して場合によっては単身になるでしょう。

 

食事の面では日本人好みの味付けが多いのですが、南国特有の1回の量を少なめに1日5食外で済ませる習慣が身に付くかもしれません。

 

ついつい1回の量を多く食べ過ぎて、ちょっとウエイトが気になる場合は、日本のライフスタイルに戻して1日3食に留めた方が良いでしょう。

 

 

台湾の海外赴任での英語

 

たいていの場合が大都市に加え輸出加工や化学工業地域のいずれかのところで勤務になりますが、職場では英語を使う機会もあります

 

特に輸出入関連では原産地証明書など貿易用語が出てきますで、仕事内容の把握と業務が遂行できるレベルの英語力が必要となってきます。

 

日常生活は英語ではチャイニーズマンダリンと呼ばれる、中国では標準語と呼ばれる言語を使います。

 

日本語を話せる人も多いですが、全てそうではないのでスマホのアプリや電子辞書といったどこでも気軽に翻訳できる環境を作っておくと現地の生活も安心です。

 

日本語で四六時中対応できるわけではなく、中国語も少しずつ覚えていく環境になるので、日本にいる間に仕事で使える最低レベルの英語力は身に付けておいた方が良いです。

 

言葉が通じなくても困った時には誰かがほとんどの場合は助けてくれ、発音も日本人と台湾人の英語はよく似ているので、あまり現地でナーバスになる必要はありません。

 

海外赴任で台湾になったら子供はマルチリンガルに

 

台湾は香港同様にリスク分散の概念を持った人たちが多く、長男はアメリカで次男は日本、長女はフランスといった全く異なった外国語の国へ留学をさせる家庭もあります。

 

日本の県境に居住しているお家では、2県分の何チャンネルもの放送が見ることができるので年配者は「テレビ銀座」といっていました。

 

台湾は言い換えると、「テレビニューヨーク」です。

 

入居前に既に多言語環境であればいいのですが、最初から申し込む際にはオプション制の中でも英語や息抜きにも良い日本のバラエティ番組数チャンネル付きのものがおすすめです。

 

台湾は学歴社会なので中高生の多くが夕方塾に通いますが、お子さんは英語学校に行くと刺激を受けるでしょう。

 

家庭の中で親子一緒に1日30分でもいいので、英語のニュースなどの番組を見ると、リスニング力のアップに繋がります。

 

居心地がよくついつい浦島太郎状態になりがちな中で、がむしゃらではなく自身に合った確実なルーテインをこなすことで英語と中国語が身に付きマルチリンガルにもなれます。

 

 

===海外赴任が決まったらすぐに始めてほしい英語の準備===

 

【オンライン英会話無料レッスンはこちら】

 

 

 

海外赴任,台湾


トップページ 英語教材 海外赴任で英語に困った 海外赴任の豆知識 英語の基礎