台湾と香港の海外赴任

台湾と香港の海外赴任は似ているようで違う

海外赴任者やその家族が英語が苦手なため現地スタッフと意思の疎通が取れなかったり生活に困っていました。それを見て海外赴任者やその家族は英語の準備が絶対必要だと強く感じています。

 

 

短期間で英語を話せるようにするためには、きちんと研究された英語の教材を使うことが一番です。そんなおすすめの英語教材はこちら → 7+English

 

 

台湾も香港も英語で十分

 

台湾と香港といえば言葉も顔つきも同じに見える人もいますが、歴史背景の違いで差異も結構多いです。物価も日本同等、あるいはものによって特に家賃は香港の方が高いです。台湾は台北を除くと物価は日本のおおよそ2分の1です

 

言語も台湾のメインは中国語で、1940年代より以前に渡ってきた過半数の人たちの家族やコミュニティの中では、福建省南部の方言である?南語を用います。香港では広東語と英語が公用語になりますが、海外赴任では英語で十分でしょう。

 

香港は1997(平成9)年にイギリスから中国へ返還されましたが、年配者の人たちの中には広東語しか話せないひともいます。香港特別行政区基本法第9条によると司法や行政などの場における公用語は「中文」と「英文」とされ、中国側への配慮が伺えます。中文とは受け止め方によっては、広東語ではなく中国語の標準語にもなります。

 

香港の人たちには中国語よりも広東語の方が親しみやすく、外国人にはそれを期待していないので英語で問題ないです。言い換えると中国語を話すことよりも、服装一つにしても日本人らしくしている方がウケがいいです。

 

香港はフリーポートと呼ばれる商品の輸出入に関税を課さない自由貿易港であり、イギリスの植民地だったこともあり、アジアでも屈指の英語のレベルです。韓国や中国の同僚の様に英語のレベルを気にしてのライバル心はなく、ビジネスではできて当たり前と思っているのが香港人です。香港赴任の予定のある人は、結構高いレベルに英語力を引き上げて行くことをおすすめします。

 

発音は聴き取りやすいので会話を積極的に行なうことで耳慣れしますので、日本にいる間に低価格で利用できるアジア系の先生とスカイプのレッスンをどんどん活用してみましょう。また、香港は金融センター・ランキングでは、ニューヨークとロンドンに次ぐ世界第3位〜5位に毎年入ります。ちなみに世界第3位〜5位に入るのが香港に加え東京とシンガポールです。

 

金融関連や貿易でも欧米と取引がある場合は、クライアントもアジア系が少数になるので、スカイプレッスンもアメリカやイギリスの講師との会話をおすすめします。

 

香港はシンガポール同様にワークライフバランスというよりも女性が活躍できる魅力ある都市で、日本人も多く活躍しています。海外赴任ではなく叩き上げの現地採用の人たちにとっても、アメリカでの就職に繋がる登竜門として知られています。

 

人の歩くスピードも早くエネルギッシュな街なので、海外赴任前には英語力アップだけでなく体力を付けておくと良いでしょう。

 

 

===海外赴任が決まったらすぐに始めてほしい英語の準備===

 

【オンライン英会話無料レッスンはこちら】

 

 

 

台湾,香港,海外赴任


トップページ 英語教材 海外赴任で英語に困った 海外赴任の豆知識 英語の基礎