海外赴任の国別英語事情

海外赴任者が英語が苦手なため現地スタッフと意思の疎通が取れなくて困っていました。それを見て海外赴任者は英語の準備が絶対必要だと強く感じています。

 

 

短期間で英語を話せるようにするためには、きちんと研究された英語の教材を使うことが一番です。そんなおすすめの英語教材はこちら → 7+English

 

 

海外赴任の英語のレベル

 

一般的にTOEICスコアでは海外出張レベルが600点、駐在員レベルが700点以上という目安で例える人も多いですが、国によって全く事情が異なります。英語圏ではまさに上記のレベルになり、欧米ではポーランドのように親日国家では日本語を話す人も多いものの一般的には現地の言葉になります。

 

非英語圏でも英語がビジネスマンにとっての会話でもドキュメント上でも共通語になるのが欧米やオセアニアです。どこの国に海外赴任になるかで日本勤務の際に、英語の準備をある程度しておく必要があるでしょう。

 

これがアジア方面だと状況が大きく変わってくるのは、通貨と物価の事情によるものです。シンガポールは同じ程度ですが、そのほかの国では一般的に日本の3分の1といわれています。

 

東南アジアのタイにインドネシアやベトナムといった非英語圏では、現地の言葉に精通した日本人を雇うことになるのが一般的です。送り迎えの運転手が付く場合には、矢張り必要最低限の英語を話せると、一回一回通訳を介する必要もありません。運転手は気さくでフレンドリーな人が多いので、とてもいい話し相手になり言葉の練習をするのにも最適です。

 

海外赴任者でも工場や物流関連の会社では従業員も多い分だけ、英語や日本語を話せる現地の人もいますが、ホワイトカラーや営業部門に特化したオフィスではそうはいきません。少人数になるため支社長クラスであれば通訳が付いたとしても、ほかの役職では先ずは付かないと思っていた方が良いでしょう。

 

東南アジアの各国の課長以上のマネージャークラスやホワイトカラーの職に就いているひとの多くは、英語を話せます。生活では少し溶け込むためにも現地の言葉を覚えてみるのも良いですが、ビジネスでは英語が優先となります。華僑に見られるように英語を使えるということは、エリートの証でもありますので、できれば日本にいるときに少しでもレベルアップしていた方が後々楽です。

 

言い換えると、小さなオフィスで英語や現地の言葉ができなくて疎外感を覚える日本人も少なくはないです。折角親日家が多い地域なので、間違いを気にせずに積極的に知っている英語を使ってみることをおすすめします。

 

オフィス内のコミュニケーションなので、難しいことを話すわけでないので、好きな食べ物などを聞いてランチに誘ってみるのも効果的です。まあ、誘った場合にはおごりにはなりますが、それは授業料と考える方が望ましいです。

 

安定した経済成長を続ける東南アジアにおいて日本の物価の3分の1といわれる各国の中で、タイやマレーシアは更に上がっています。正しい先読みをすると今後語学に関していろんな方面で通訳などの恩恵が減っていくと予測される中、日本にいる間になるべく英語環境に触れておきましょう

 

 

 

===海外赴任が決まったらすぐに始めてほしい英語の準備===

 

【オンライン英会話無料レッスンはこちら】

 

 

 

英語 苦手 海外赴任

 


トップページ 英語教材 海外赴任で英語に困った 海外赴任の豆知識 英語の基礎