海外赴任の英語の動向

今後の海外赴任者の動向と英語について

 

海外赴任者が英語が苦手なため現地スタッフと意思の疎通が取れなくて困っていました。それを見て海外赴任者は英語の準備が絶対必要だと強く感じています。

 

 

短期間で英語を話せるようにするためには、きちんと研究された英語の教材を使うことが一番です。そんなおすすめの英語教材はこちら → 7+English

 

 

海外赴任の英語のレベル

 

チャイナプラスワンといった経済用語が聞かれる中で、中国から多くの日系企業が各地に移転したのは記憶に新しいです。主な移転先でベトナムが特に多く、繊維産業ではバングラデシュなどにも引っ越しました。

 

イギリスのEUの離脱により欧州連合の首都といわれる、ベルギーのブリュッセルにホワイトカラーがシフトするのではないかと懸念されています。金融関連では英語が国際語なので問題なく業務ができ、工業分野ではアメリカをはじめ外国の企業誘致政策で成功したアイルランドに工場が一部シフトするといわれています。

 

欧州屈指の治安の良さを誇り公用語が英語のアイルランドはお喋り好きな人が多いので、語学力アップを考えている人にとってはおすすめの国です。フランスのパリにおいて道を尋ねるとフランス語でたいてい返ってきますが、ドイツ色が強い郊外に多くの日系企業が進出しているコルマールでは英語を使う機会が多いでしょう。

 

IT関連や地元の営業強化を図っているところは英語プラス現地のヨーロッパの言語を推進しているところもあり、語学が強い人にはまたりません。英語が話せるようになると次の外国語の習得が頗る早いといわれているので、非英語圏の海外駐在はチャンスと考えた方が良いでしょう。

 

欧米以外の国々で英語を話せる日本人は、話せない人よりも一目置かれます。日系社会だけでなく地元の華人やインド系のネットワークも作りやすくなります。国際社会において人材確保という面でも英語ができるというのは、業務がスムーズに行ないやすいことにもなります。プラスアルファ中国語や現地の言葉が話す海外駐在員もいますが、英語をメインに考えて敢えてそれ以上を覚えない人もいますが、人それぞれで将来的な事を考慮して優先順位を決めるのが一番でしょう。

 

実際非英語圏の国の海外駐在員、現地採用で働く日本人や現地のスタッフと日本本社やお客様とのやり取りは英語になります。確率的にタイ語やインドネシア語などを使えるスタッフが、日本にいないことも大きな要因です。

 

現在、外国企業の積極的な誘致に動いているのが、フィリピンですが、治安もかなり改善され物価も安く英語が公用語なので魅力があります。親子留学やサマースクールで注目を集めているセブ島の国際空港には大きな工業団地のマクタン・エクスポート・プロセッシング・ゾーン 1が近接していて、存在感を増しています。

 

フィリピンはフレンドリーで昔から東南アジアの中では特に日本との交流の歴史がある国なので、治安面の環境問題が解決することにより興味を示す会社も多いでしょう。日本の経済団体の中には、フィリピンの人たちの語学力と社交性を含めたバランス感覚を高く評価しています。ベトナム、さらにミャンマーやカンボジアも日系企業が増えていますが、英語や出稼ぎ文化で国際的な感性を持つフィリピンの今後の動きに目が離せません

 

また、現地採用で働き実績を積んで海外駐在員を狙っている人にとっても英語を学習することで、オセアニアや東南アジア一帯にチャンスが点在しているのはうれしいです。

 

どこの国に行くにしてもやはり必要なのが英語力です。
海外で活躍しようと思ったら、どうしても英語が必須になります。海外赴任が決まったらそれは英語を学ぶチャンスととらえ、すぐに英語の準備に入った方がいいのではないでしょうか。

 

海外赴任で困らないために、そして自分の未来のために...

 

 

===海外赴任が決まったらすぐに始めてほしい英語の準備===

 

【オンライン英会話無料レッスンはこちら】

 

 

 

海外赴任 英語 苦手


トップページ 英語教材 海外赴任で英語に困った 海外赴任の豆知識 英語の基礎