海外赴任 英語の準備 英文法

海外赴任に行く前の英語の準備 英文法5文型

海外赴任者が英語が苦手なため現地スタッフと意思の疎通が取れなくて困っていました。それを見て海外赴任者は英語の準備が絶対必要だと強く感じています。

 

 

短期間で英語を話せるようにするためには、きちんと研究された英語の教材を使うことが一番です。そんなおすすめの英語教材はこちら → 7+English
 

海外赴任前の英文法 第1〜第3文型を使った英会話フレーズの作り方

 

英文法は基本5文型を覚えれば英会話に必要なフレーズが作れるようになると前回お話ししましたが、文型別の説明と実際その文型を使ったフレーズをご紹介します。

 

第1文型 : S主語+V動詞

 

主語+動詞でできているのが第1文型です。

 

I go.  私は行きます。
I sleep. 私は寝ます。

 

などのがそうですが、これだけでは何を言いたいのかよくわかりませんよね。
そこでもっとわかりやすくするために時や場所を表す修飾語をつけることがほとんどです。

 

I go to office everyday.  私は毎日会社へ行きます。
I sleep at 11:00pm everynight. 私は毎晩11時に寝ます。

 

これで相手に何がいいたいのかよくわかる文ができます。
英単語を覚えることでいろいろな表現ができるようになり、英会話の幅がどんどん広がります。

 

たくさんの動詞を書き出し、それに修飾語をつけていろいろな文を作ってみましょう。
日常会話でよく使う動詞はたくさんあります。

 

「eat 食べる、 drink 飲む、 work 働く」 
など身近な動詞を使えるようにたくさんの例題を考えて何度も声に出して言ってみましょう。
基本の英文を覚えたらそこからどんどん修飾語を増やせば長い英会話文が話せるようになります。

 

第2文型 : S主語+V動詞+C補語

 

第2文型は主語+動詞+補語で作られる文です。
補語は主語の様子を説明する役割をしています。

 

My boss is tall.  私の上司は背が高いです。
That man is my driver. あの男性が私の運転手です。

 

第2文型は「誰が」「です」「どんな(様子)」という語順で並んでいます。
自分のことを紹介するときもこの第2文型が使われます。

 

My name is Kono.I am manager of ABC company.
最初の挨拶ははっきり堂々と言えるよう何度も何度も練習しておきましょう。

 

第3文型 : S主語+V動詞+O目的語

 

第3文型は主語+動詞+目的語です。

 

目的語は動作の目的を表す英単語で目的語が必要な動詞には eat 〜を食べる、buy〜を買う、play〜を演奏するなどがあります。

 

「誰が」「〜をする」「何」というのが第3文型の語順になります。

 

I eat rice. 私はご飯を食べます。
I buy a pen. 私はペンを買います。

 

食べる 何を→ご飯
買う 何を→ペン

 

これが第3文型です。

 

 

 

これが第1文型で、これは第2文型と考えながら話す必要はありませんが、英会話のフレーズを考えるとき多少参考にして頂けたらと思います。 

 

 

===海外赴任が決まったらすぐに始めてほしい英語の準備===

 

【オンライン英会話無料レッスンはこちら】

 

 

 

 

海外赴任 英語 苦手


トップページ 英語教材 海外赴任で英語に困った 海外赴任の豆知識 英語の基礎